無 想

無 想

Mutilated

無愛想在日英詞典中的解釋 劍橋詞典 Cambridge Dictionary

無 想 ( むそう ) 何も 考え ないこと。 (仏教) 無想定 を 修する ことによって 達 する 境地 。 無想天 に 生まれた 者 の 獲得 する 無意識 な 状態 。 無想果 むそうか とも。 五 無想定(梵語: asaṃjñi samāpatti ,巴利語: asaññā samāpatti ),古印度宗教修行禪定的境界之一,在此境界中,去除了心的思想及認知活動,使五蘊中的想停止。 佛教相 無想(むそう)とは。. 意味や使い方、類語をわかりやすく解説。. 仏語。. 心に何も思わないこと。. 無心。goo国語辞書は30万8千件語以上を収録。. 政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 · to miss; to think of; to read; to study (a subject); to attend (a school); to read aloud; idea; remembrance; twenty#名詞 [宗教・思想]の言葉 定義 概念 葛藤 分別 倫理 [仏教・儒教・ヒンズー教など]の言葉 懸念 刹那 精進 観念 所作 無想 の前後の言葉 六十 無双 忘れられずにずっと想ってるLINE MUSIC、APPLE MUSIC、Spotifyなどストリーミング配信はこちら:

開放站台是殘酷舞台!黃士修:侯友宜打死不退 變打死自家小雞

無念無想(むねんむそう)とは? 意味・読み方・使い方 四字熟

“無想”字的解释,成语解释,国语辞典,网络解释 無愛想な対応 人 an unfriendly response/person (無愛想 在 GLOBAL 日語-英語詞典 的翻譯 © K Dictionaries Ltd) 無愛想 的 翻譯 PASSWORD 日語-英語詞典Definition of 無想. Click for more info and examples: むそうmusoua blank mind 精選版 日本国語大辞典無想の用語解説〘名〙 仏語。. ① 心の中に、何も考えないこと。. あらゆる想念をなくしてしまうこと。. また、その人。. 滅尽定にはいった人。. 無念。. 無心。. 〔書言字考節用集()〕※浮雲(‐89)〈二葉亭四迷〉三to miss; to think of; to read; to study (a subject); to attend (a school); to read aloud; idea; remembrance; twenty ① 心の中に、何も考えないこと。 あらゆる想念をなくしてしまうこと。 また、その人。 滅尽定にはいった人。 無念。 無心。 〔書言字考節用集()〕※浮雲(‐89)〈二葉亭四迷〉三「只茫然として殆ど無想の境に彷徨ってゐるうち

無想日文_無想日语怎么说_翻译 查查在线翻译

為佛教禮儀之一。 即圍著佛右繞(即順時針方向行走)一 穢身 (術語)謂凡夫之身,污穢不淨也。 觀經玄義分曰:舍此 拈提 謂拈評古則。 無想,梵語 a-sajjñin,巴利語 a-saññin。非有想非無想,梵語 naiva-sajjñin-nāsajjñin,巴利語 neva-saññināsaññin。又作想無想非想非無想。係依情之有無,而將眾生之所居分為 無念無想(むねんむそう)の意味・使い方。一切の邪念から離れて、無我の境地に到達した状態。単に何も考えていないことを指すこともある。 仏教語。「無念」は雑念を生じる心を捨て無我の境地に至ること。「無想」は心の働きがない意。「無想無念」ともいう 她的「夢想一心」狀態能從隊伍其他角色的元素爆發獲得傷害加成,同時在擊中敵人時能為隊伍角色進行元素充能 。Rock, Paper, Shotgun評論員瑞貝卡·瓊斯表示關於雷電將軍合適作為核心主力或進攻輔助的觀點有很多,其中以進攻輔助的觀點佔微弱優勢。「 無想 」は心の働きがない意。 「無想無念 むそうむねん 」ともいう。 句例 無念無想の境地 用例 ようやく心がいつもの静坐 せいざ の時のように澄みきって来て、無念無想の瞬間に見舞われた。 対義語 千思万考 せんしばんこう 多情多恨 たじょうたこん 無念無想の解説学研 四字熟語辞典 むねんむそう【無念無想】 あらゆる 邪念 を捨て去り、 無我 の 境地 に達すること。 注記 もとは仏教のことば。 「無念」も「無想」も、何も考えないこと。 「無想無念 むそうむねん 」ともいう。 表記 「無想」を「夢想」と書きちがえない。 無念無想の解説小学館 デジタル大辞泉 むねん‐むそう〔‐ムサウ〕【無念無想】仏語。 一切の 想念 を離れること。 無 想 ( むそう ) 何も 考え ないこと。 (仏教) 無想定 を 修する ことによって 達 する 境地 。 無想天 に 生まれた 者 の 獲得 する 無意識 な 状態 。 無想果 むそうか とも。 五位七十五法 ごい しちじゅう ごほう の 心不相応行法 しん ふそうおう ぎょうほう のひとつ( ウィキペディア 「 五位 」も 参照 )。 発音(?) む↗そー

無想定 維基百科,自由的百科全書